城北肥満研究会

タニタの本社がある東京・城北地区のドクター、研究者のご協力を得て肥満問題にかかわっている医師、栄養士、看護師、養護教諭、学生などの方々に肥満に関する最新情報と研究成果を提供し、ともに肥満予防について考えていこうと発足した研究会です。1993年に第1回を開催して以来年2回開催しています。現在、参加者は東京圏全域に広がり、特に肥満問題に関心があるコメディカルの方々から高い支持を得ています。

城北肥満研究会開催のお知らせ

第49回城北肥満研究会を開催します。今回は、東邦大学医学部医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉) 教授の龍野一先生をお招きし、「肥満を起こす個人・社会的背景と集学的治療の必要性 -肥満外科治療の進歩-」をテーマにご講演していただきます。日頃の疑問にお答えいただく良い機会になるかと存じます。どうぞお気軽にご参加ください。

日時 2017年3月17日(金) 18時30分〜20時(受付開始:18時)
会場 タニタ本社(東京都板橋区前野町1-14-2)  本社地図はこちら
東武東上線ときわ台駅徒歩7分、都営三田線板橋本町駅徒歩20分
演者 東邦大学医学部医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉) 教授
龍野 一郎 先生
演題 「肥満を起こす個人・社会的背景と集学的治療の必要性 -肥満外科治療の進歩-」
肥満症治療では栄養・運動・薬物法がおこなわれるが、治療抵抗性・リバウンド・治療中断といった多くの問題を経験する。本講演では肥満を起こす個人・社会的背景の特徴とそれに基づいた集学的治療の必要性、加えて2016年度から厚生労働科学研究費(難治性疾患政策研究事業)「食欲中枢異常による難治性高度肥満症の実態調査」のための研究班(龍野班)が立ち上がっており、国内での肥満外科療法の現状と課題についてもお話したい。
参加資格 本研究会への参加は医師、看護師、栄養士、保健師、健康運動指導士および学校・企業等で保健指導をされている方に限らせていただきます。 また、関連の学問を修学中の学生の皆さまもご参加いただけます。
参加方法 下記の「個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、ご承諾の上、「上記内容に同意し、申し込む」ボタンをクリックし申込フォームよりお申込みください。
申込期限 2017年3月16日(木) 18時まで
お問合せ先 株式会社タニタ 体重科学研究所内 城北肥満研究会事務局
TEL:03-5918-6694
Eメール:johoku@tanita.co.jp
注意事項
  • ・参加費用は無料です。
  • ・お申込に際しご提供いただくお客様の個人情報は、漏洩、紛失、毀損が無いよう適切に管理し、城北肥満研究会のご案内にのみ使用します。
  • ・お申し込みに関わるインターネット接続料などの諸経費は、お申し込みされる方のご負担となります。
  • ・お客様情報の安全性確保のため、当ページを開いたまま一定時間経過すると自動的に接続が切れる設定になっておりますので、ご注意ください。
  • ・携帯電話からの応募はできません。

参加申し込み

城北肥満研究会への参加申し込みはこちらより受け付けております。お申し込みいただく際は、下記の内容をよくお読みになり、ご理解・ご同意の上お問い合わせください。

【個人情報の使用目的について】
城北肥満研究会の参加お申し込みにあたり、下記の使用目的のためにお客様の個人情報を収集させていただいております。
・城北肥満研究会開催に関係する出席の管理、ご連絡
・希望される方への次回城北肥満研究会のご案内
※株式会社タニタのプライバシーポリシーはこちらのページよりご確認いただけます。

PAGE TOP