achievements

The researchers supported by the TANITA Healthy Weight Community Trust in the past, together with the titles of their research, are shown below. (The positions of the researchers shown are those held at the time TANITA supported the research.)

Fiscal Year 2016

Wojciech Blogowski (University of Zielona Gora, Associate Professor (MD, PhD))

"Lipoxins and Resolvins in Obesity and Obesity-related Cancer"

Sondos A. Harfil (University of Sharjah, M.Sc. Lecturer)

"Modulatory Effects of Lactobacillus on Obesity and Inflammation"

Miriam Elizabeth Clegg (University of Limerick, Dr.)

"Which functional lipids can reduce food intake and increase appetite the most in obese individuals?"

Akihiro Asakawa (Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences, Associate Professor)

"Psychosomatic Internal Medicine"

Norihiko Kobayashi (Department of Disease Control, Research Institute, National Center for Global Health and Medicine, Senior Researcher(Ph.D.))

"Research and Development for Obesity inhibitor using human iPS Cell-derived Brown Adipocyte"

Tsutomu Sasaki (Laboratory of Metabolic Signal, Institute for Molecular and Cellular Regulation, Gunma University, Associate Professor)

"Elucidating mechanisms for food preference regulation by NMDA receptor co-agonist."

Takafumi Shintani (National Institute for Basic Biology, Associate Professor)

"Elucidation of a functional role of a novel obesity gene in the regulation of food intake"

Haruhiro Toko (The University of Tokyo Hospital, Assistant Professor)

"To Clarify the mechanism of how low carbon diet increases the cardiovascular events"

Yumiko Nakamura (Department of Nursing, Faculty of Health Science Technology, Bunkyo Gakuin University, Professor )

"The development of a health education program that contributes to the prevention of obesity among elementary school students living in regional areas"

Fiscal Year 2015

Dr. Mayel GHARANEI (Coventry University United Kingdom)

"The effects of diet induced obesity on cardiac contractility and how it affects drug response."

Dr. Adamantini KYRIACOU (Harokopio University Greece)

"Gut microbiota, obesity, diet : Mining possible implications"

Dr. Mo'ez Al-Islam Ezzat FARIS (University of Sharjah UAE)

"Study of the Effect of Ramadan Intermittent Fasting on Oxidative Stress, Body Adiposity and Metabolic Markers as Affected by SIRT3 Gene Expression in Obese Subjects"

Dr. Suresh Kumar MOHANKUMAR (University of Nottingham Malaysia Campus Malaysia)

"Challenge-based interventions to promote obesity awareness and seek innovation in youth and school children."

Hideyasu Kiyomoto(M.D.& Ph.D Professor,Division chief and Department chairman, Division of Integrated Nephrology and Telemedicine,Department of Community Medical Supports, Tohoku Medical Megabank Organization (ToMMo), Tohoku University, Sendai, Miyagi, Japan)

"A cohort study on anti-obesity effects of the intensive diet and exercise intervention in the Great East Japan Earthquake disaster area "

Yuko Maejima(Lecturer, Department of Electrophysiology and Oncology, Fukushima Medical University, School of Medicine )

"1. Elucidation of regulatory mechanism of feeding and energy metabolismin the central nervous system
2. The basic research for the treatment of obesity
3. The study on physiological roles of KATP channel in the central nervous system"

Kouichi Yamada (Senior Researcher, National Institute of Health and Nutrition, Division of Health Promotion )

"Reexamination of "Obesity-related" Genetic Polymorphisms ----Epidemiologic Studies in "Saku-cohort" "

Sachiko Sano (NPO corporation Human ship Community, Representative director)

"The Self-Medication support in the satellite lab Ageo"

Fiscal Year 2014

Dr. Kyung MookChoi (Professor, Korea University College of Medicine, Korea)

"Reciprocal relationship between brown adipose tissue and sarcopenia,and their impact on the metabolic syndrome"

Dr. Jason Tallis (Coventry University, UK)

"The effect of obesity during growth on the development and mechanical function of skeletal muscle"

Dr. Misa HIROSE (Postdoctoral Researcher, Department of Dermatology, University of Luebeck, Germany)

"Targeting mitochondrial genome to control obesity"

Mr. Jude SAJI (Master of Public Health, Faculty of Medicine and Biomedical Sciences, University of Yaounde, Cameroon)

"Peer-led intervention to raise awareness on obesity and promote healthy lifestyles among secondary school students in Cameroon : A pilot intervention"

Dr. Masahiro UMEZAKI(Associate Professor, Department of Human Ecology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Japan)

"Exploration of Gut Microbiota that is Associated with Obesity"

Dr. Keisuke EJIMA (Visiting Scholar, Department of Global Health Policy, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Japan)

"Identification of the Obesity Concentration, and Prediction of Future Prevalence of Obesity using Spatio-temporal Epidemiology"

Dr. Kazuko ISHIKAWA-TAKATA (Head, Department of Nutritional Education, National Institute of Health and Nutrition, Japan)

"Relation of energy balance and weight change among Japanese"

Mr. Nobuhiko MATSUMURA (Professor, Department of Civil and Environmental Engineering, Ehime University, Japan)

"A Practice to Improve Nutrition and Dietary Habits Using Food Mileage Materials"

 

Fiscal Year 2013

Dr Wojciech Blogowski (Department of Gastroenterology, Pomeranian Medical University in Szczecin, Poland)

Speciality : regenerative medicine, obesity, transplantation medicine, bone marrow and adipose tissue-derived stem cells

"An attempt to explore selected aspects of the "bone-fat axis" function in humans"

Dr. Marica Bordicchia (Dept Clinical and Molecular Science_Internal Medicine and Geriatrics_ University “Politecnica delle Marche” and INRCA, Italy)

Speciality : Obesity and Hypertension

"Cardiac Natriuretic Peptide System: regulation in obesity and diabetes mellitus type2"

Dr. Adamantini Kyriacou (Department of Nutrition & Dietetics, Harokopio University, Greece)

Speciality : Microbiology

"Gut microbiota, obesity, diet: mining possible implications"

Dr. Chad Morris (Department of Sociology, Roanoke College, USA)

Speiciality : Applied Medical Anthropology

"Building Community Capacity for Healthy Meal Preparation and Household Gardening in the Republic of Palau"

Dr. Deanna L. Wallace (Helen Wills Neuroscience Institute, University of California, Berkeley, USA)

Speciality :Neuroscience

"The effects of prefrontal cortical (PFC)-striatal modulation on food preference"

Dr.Yusuke Osawa (The University of Tokyo, Japan)

Speciality : Sports medical science

"Prospective Cohort Study on the Prevention of Sarcopenic Obesity: Healthy Longevity- and Sarcopenic Obesity-related Biomarkers, Physical Functions, and Lifestyles in the Community-dwelling Oldest Old Population"

Dr. Mari Sugiyama ( Saitama Rehabilitation Center, Japan)

Speciality : physiotherapy

"The measurement of body fat percentage and resting energy expenditure for people with limited ability to stand. Treatment and prevention of a lifestyle-related disease"

Dr. Daisuke Tokuhara (Department of Pediatrics,Osaka City University, Japan )

Speciality : pediatrics

"Establishment of Novel Non-invasive Evaluation System-based Follow-up Strategy against Non-alcoholic Fatty Liver Disease (NAFLD) in Obese Japanese Children"

Fiscal Year 2012

Dr. Lipa Cicin-Sain(Department of Molecular Biology, Ruder Boskovic Institute, Croatia)

Specialty: Neurobiology

“Identification of Gene Pathways Involved in Serotonergic Modulation of Body Weight ”

Dr. Deanna L. Wallace(Postdoctoral Research Fellow, University of California, Berkeley, USA)

Specialty: Neuroscience

“The Role of Striatal and Prefrontal Dopamine in Decision-Making Related to Food Choice ”

Dr. Alexandra M. Gouveia (Department of Experimental Biology, Faculty of Medicine and IBMC, University of Porto, Portugal)

Specialty: Melanocortins

““Browning” of Human White Adipocytes: Melanocortins as Essential Players ”

Dr. Michael J. Duncan(Sport and Exercise Applied Research Group, Coventry University, UK)

Specialty: Children's physical activity and obesity

“Using “Green Exercise” In Schools to Increase Physical Activity, Reduce Obesity and Enhance Psychological Well-Being in Children”

Dr. Fumiko Miyanaga(Research Fellow, Clinical Research Institute, Kyoto Medical Center, National Hospital Organization, Japan)

Specialty: Obesity, Endocrinology, Metabolism

“Multi-facility Joint Research on the Impact of Depression and Genetic Factors on the Pathology of Japanese Obesity and the Effectiveness of Weight Reduction Treatment ”aaa

Ms. Yoko Nakao (Department of Medicine and Clinical Science, Kyoto University Graduate School of Medicine, Japan)

Specialty: Obesity, Lifestyle-related disease, Epidemiology

“Longitudinal Research on the Significance of the Accumulation of Visceral Fat in the Pathogenesis of Metabolic Syndrome: Metabolic Syndrome and Abdominal Obesity (MERLOT) Study ”

Dr. Koichi Yamada(Senior Researcher, Department of Health Promotion and Exercise, National Institute of Health and Nutrition, Japan)

Specialty: Nutrition, Epidemiology

“Considering Dietary and Exercise Prescriptions for Each Genetic Polymorphism to Enable the Alleviation of Obesity without Health Impairment – Analysis of Polymorphisms in the “Saku Large-scale Cohort Study ”

Mr. Masayuki Sato(Director, Institute of Sport, Senshu University, Japan)

Specialty: Sports psychology

“Practical Activities in a Physical Strength Improvement Program from the Perspective of the Stages of Behavioral Change – A University Community Open Lecture for Children and the Elderly – ”

Fiscal Year 2011

Dr. Kimber Lee Stanhope(Associate Project Scientist, Department of Molecular Biosciences, University of California, Davis, USA)

“Oxidative Stress and Nitric Oxide Production Assessed ex vivo in Normal Weight and Overweight Subjects Consuming Sugar”

Dr. Keith Tolfrey(School of Sport, Exercise and Health Sciences, Loughborough University, UK)

“Effect of Exercise Energy Expenditure on Subsequent Energy Intake in Overweight and Non-overweight Children”

Dr. Hamid Jan Mohamed(Nutrition Programme, School of Health Sciences, Universiti Sains, Malaysia)

“The Relationship between Maternal Environmental Tobacco Exposure, Oxidative Stress and Body Fat Composition”

Dr. Anastacia Wanjiku Kariuki(Director/Chair of Nutritionists Without Borders, Kenya)

“Promoting Healthy Lifestyles among Students in Secondary Schools in Nairobi, Kenya”

Dr. Yasuyuki Ishibashi(Associate Professor, Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medicine and School of Medicine, Hirosaki University, Japan)

“Influences of Weight Reduction and Body Composition Change on Knee Osteoarthritis - In Pursuit of Improved Knee Function through Local-government Provided Health Check-ups and Exercise Intervention”

Dr. Hiroaki Ueno (Assistant Professor, Neurology, Respirology, Endocrinology and Metabolism, Department of Internal Medicine, Faculty of Medicine, University of Miyazaki, Japan)

“Impact of Diabetes and Anti-diabetic Drugs on Body Weight and Composition, with a Focus on Visceral Fat”

Dr. Masako Sei(Assistant Professor, Department of Human Genetics and Public Health, University of Tokushima Graduate School, Japan)

“Analysis of the Effects of ‘Childhood Obesity Health-monitoring Systems’ Operated Cooperatively by Schools and Healthcare Providers”

Dr. Hiromichi Wada(Physician, Laboratory Chief, Kyoto Medical Center, National Hospital Organization, Japan)

“Development of Biomarkers for Determining Cardiovascular Events – Angiogenesis-related Factors Associated with Obesity and New Oxidized-LDL Markers”

Fiscal Year 2010

Dr. Iftikhar Alam(Lecturer and Junior Research Specialist, Faculty of Nutrition Sciences, Department of Human Nutrition, Agricultural University Peshawar, Pakistan)

“Age Associated Changes in Body Composition and Their Effects on Immune Parameters”

Dr. Alexandra Maria Gouveia(Laboratory of Molecular and Cellular Biology, Faculty of Medicine, Oporto University, Portugal)

“The Emerging Role of Melanocortins in Adipocytes: From Fat to Facts”

Dr. Kimber Lee Stanhope(Associate Project Scientist, Department of Molecular Biosciences, University of California, Davis, USA)

“Oxidative Stress and Nitric Oxide Production Assessed Ex Vivo in Normal Weight and Overweight Subjects Consuming Sugar”

Dr. Michael Duncan(Senior Lecturer in Applied Sport and Exercise Science, Dept of Biomolecular and Sports Sciences, Coventry University, UK)

“Using an Integrated School Curriculum Pedometer Intervention to Enhance Physical Activity and to Reduce Obesity in Children”

Dr. Shinichiro Sano(Graduate School / Department of Pediatrics, Hamamatsu University School of Medicine Hospital, Japan)

“Analysis of Body Composition and Fat Distribution in Obese Children Using Fat-Scan and Body Fat Scale, and Study of Outcomes of Interventions in Obese Children Using Factors Related to Childhood Metabolic Syndrome”

Dr. Noriko Sato (Head of Nutrition Group, Division of Diabetes and Metabolism, Clinical Research Center, Kyoto Medical Center, Japan)

“Investigation of Genetic Factors and Molecular Biomarkers Related to the Incidence of Obesity in Japanese Subjects as Well as to Weight Loss Outcomes and Resistance to Treatment: Influence of Protein-Tyrosine Phosphatase 1B (PTP1B) Gene Polymorphism”

Dr. Kayoko Miyamoto(Associate Professor, Department of Nutrition, Faculty of Health Science, Chiba Prefectural University of Health Sciences, Japan) Research on Necessary Energy Intake for Maintaining Body Weight in Healthy Adults:

“A Study on Issues Including Factors Such as Basal Metabolism, Body Composition, and Estimated Energy Consumption”

Dr. Noriyuki Takubo(Director, Kitasato University Kitasato Institute Medical Center Hospital, Japan)

“A Tailor-Made Interventional Program Using a Team Approach for Children with Obesity Leading to Health Problems and for Their Families”

Fiscal Year 2009

Dr. Hiromasa Funato(Senior Assistant Professor, Department of Anatomy, School of Medicine, Toho University, Japan)

“Study of Obesity Resistance of Orexin”

Ms. Laura Ann Healy(Department of Clinical Nutrition, St. James’s Hospital, Ireland)

“Central Obesity, Body Composition, Metabolic Syndrome, and Cancer - Impact on Tumour Stage, Treatment, and Disease Free Survival in Breast Cancer”

Dr. Toru Kikuchi(Lecturer, Division of Pediatrics, Niigata University Medical and Dental Hospital, Japan)

“Examination of Measurement of Weight, Waist Circumference, and Blood Pressure of All Family Members as Guidance Following Examination of Children for Lifestyle-related Diseases and Obesity”

Dr. Rosa Krajmalnik-Brown(Assistant Professor, Center for Environmental Biotechnology, Biodesign Institute, Arizona State University, USA)

“Comparison of the Human Microbial Ecology After Weight Loss Surgical Procedures”

Dr. Motohiko Miyachi(Exercise Guideline Project Leader, Health Promotion and Exercise Program, National Institute of Health and Nutrition, Japan)

“Study on the Setting of Diagnostic Guidelines for Sarcopenia in Japanese Using the BI Method”

Dr. Yoshimi Tanimoto(Assistant Professor, Department of Hygiene and Public Health, Osaka Medical College, Japan)

“Elucidation of Body Composition Changes That Lead to Frailty in the Elderly: With a Particular Focus on Fat and the Significance of Obesity Control in the Elderly”

Dr. Keith Tolfrey(Senior Lecturer, School of Sport, Exercise and Health Sciences, Loughborough University, UK)

“Effect of Breakfast Glycaemic Index on Fat Oxidation During Subsequent Low to Moderate Exercise in Overweight Adolescent Girls”

Dr. Lei Zhou(Associate Professor, College of Life Science and Technology, Huazhong Agricultural University, P.R. China)

“Large-Scale Survey of the Relationship Among Obesity, Dietary and Lifestyle in Chinese University Students”

Fiscal Year 2008

Dr. Jacques L Courseault(Program Designer/Coordinator, Department of Epidemiology, School of Public Health & Tropical Medicine, Tulane University, USA)

“Don't weight to lose.”

Dr. Michael Joseph Duncan(Faculty of Education, Health and Sciences, University of Derby, UK)

“Using active video games to promote physical activity and healthy weight status in schools”

Dr. Itsuko Kitamura(Research Fellow, Department of Epidemiology, National Institute for Longevity Sciences, NCGG, Japan)

“Longitudinal examination of the relationship between menopause and body composition”

Dr. Christos S. Mantzoros(Associate Professor, Department of Endocrinology, Diabetes and Metabolism, Beth Israel Deaconess Medical Center, USA)

“Determinants and consequences of adiponectin in humans”

Dr. Satoshi Nishimura(Assistant Professor, Department of Cardiovascular Medicine, University of Tokyo and Researcher, PRESTO, Japan Science and Technology Agency, Japan)

“Formulation of the new evaluation guidelines for metabolic syndrome (using adipose tissue function and volume), and evaluation of clinical effectiveness”

Dr. Alice J Owen(Department of Epidemiology & Preventive Medicine, Monash University, Australia)

“Omega-3 fatty acid status, body composition and cardiovascular disease risk in older adults”

Dr. Keiko Tanabe(Associate Professor, School of Health Sciences, Nagoya University, Japan)

“Large-scale survey of weight gain during pregnancy and incidence of lifestyle-related diseases after growth, seen from mother-child health books, in two generations of mothers and daughters”

Dr. Yuri Yaguchi(Assistant Professor, Environment and Space Design, Department of Information, Environmental and Food Sciences, Faculty of Education, Art and Science, Yamagata University, Japan)

“Results of provision of evidence-based tailor-made dietary and lifestyle guidance to obese university students”

Fiscal Year 2007

Dr. Hisashi Adachi(Associate Professor, Division of Cardio-Vascular Medicine, Department of Medicine, Kurume University School of Medicine, Japan)

“Do Adipocyte-Derived Cytokines Contribute to the Metabolic Syndrome? Epidemiological Research Targeting Residents of Farming and Fishing Villages”

Dr. Fumiyuki Goto(Chief Physician, Hino Municipal Hospital, Japan)

“Use of Cognitive Behavior Therapy and Autogenic Training for Body Weight Control”

Dr. Gary Michael Heathcote(Associate Professor, Anthropology Resource and Research Center, U.S. Territory, Guam)

 

実績

これまでの助成先および研究内容は、以下の通りです。(肩書き、役職名は当時のものです)

 

2016年度助成者一覧(敬称略)-

【国内】

@研究助成
浅川 明弘(あさかわ あきひろ)氏
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 社会・行動医学講座 准教授
「加齢における適正体重維持の重要性 −食行動・情動・抗老化ホルモンからのアプローチ−」

小林 徳彦(こばやし のりひこ)氏
国立国際医療研究センター研究所 疾患制御研究部 上級研究員
「iPS細胞由来褐色脂肪細胞を用いた肥満抑制薬の開発」 

佐々木 努(ささき つとむ)氏
群馬大学 生体調節研究所 代謝シグナル解析分野 准教授
「NMDA受容体コアゴニストによる食嗜好調節機序の解明」

新谷 隆史(しんたに たかふみ)氏
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 准教授
「新規肥満遺伝子の摂食制御における機能解明」

東口 治弘(とうこう はるひろ)氏
東京大学医学部付属病院 特任助教
「糖質制限ダイエットに伴う心血管イベント増加メカニズムの解明 〜体重減少効果のある食事がなぜ心臓によくないのか〜」

A活動助成
中村 由美子(なかむら ゆみこ)氏
文京学院大学 保健医療技術学部 看護学科 教授
「地方に住む小学生の肥満予防に寄与する健康教育プログラムの開発」

【海外】

研究助成
ヴォイチェッフ・ブロゴヴスキー氏
ジェロナ・グラ大学 准教授(ポーランド)
「肥満および肥満関連癌におけるリポキシンとレゾルビン」

ソンドス・A・ハーフィル氏
シャールジャ大学 講師(アラブ首長国連邦)
「乳酸菌ラクトバチルスが肥満と炎症に及ぼす調節作用」

ミリアム・エリザベス・クレッグ氏
オックスフォード・ブルックス大学 医学博士(英国)
「肥満者において最も食物摂取を減らし、食欲を減退させる機能性脂質は何か?」

2015年度助成者一覧(敬称略)-

【国内】

@研究助成
清元 秀泰(きよもと ひでやす)東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 地域医療支援部門 教授
「東日本大震災被災地における食事・運動介入による抗肥満効果に関する研究」

前島 裕子(まえじま ゆうこ)福島県立医科大学 医学部 腫瘍生体エレクトロニクス講座 特任講師
「オキシトシン慢性投与が内臓脂肪、皮下脂肪に与える影響;性差研究の観点から」 

山田 晃一(やまだ こういち)国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 上級研究員
「世間一般に流布している『肥満遺伝子』を再検証する−佐久コホートに於ける遺伝子多型解析」

A活動助成
佐野 幸子(さの さちこ)TOSネットワーク、NPO法人ヒューマンシップコミュニティ 代表
「サテライトラボ上尾におけるセルフメディケーション支援」

【海外】

@研究助成
メイエル・ガルニア コベントリー大学 医学博士(英国)
「食事性肥満が心収縮力に及ぼす影響と薬物反応への作用」

アダマンティーニ・キリアコウ ハロコピオ大学 栄養学・食品学部 医学博士、准教授(ギリシャ)
「腸内微生物相、肥満、食事:考えられる影響を探る」

マウイズ・アル・イスラム・エザト・ファリス シャルジャ大学 医学博士、准教授(アラブ首長国連邦)
「SIRT3 遺伝子発現下における、肥満者の酸化ストレス、体脂肪およびメタボリックマーカーにおよぼずラマダンの間欠的絶食(断食)の影響に関する研究」

A活動助成
スレシュ・クマル・モハンクマル ノッティンガム大学 マレーシア校 医学博士(マレーシア)
「若者と学齢児の肥満に対する意識を高め、新機軸を求めるチャレンジ型の介入」

2014年度助成者一覧(敬称略)-

【国内】

@研究助成
梅崎 昌裕(うめざき まさひろ)東京大学大学院 医学系研究科 准教授
「肥満に関連する腸内細菌種リストの作成」

江島 啓介(えじま けいすけ)東京大学大学院 医学系研究科 国際保健政策学専攻 学術支援職員
「空間疫学を用いた肥満人口集積地域の特定、及び将来の肥満率の予測」

田和子(たかた かずこ)独立行政法人国立健康・栄養研究所 室長
「日本人におけるエネルギー収支と体重増加の関係」

A活動助成
松村 暢彦(まつむら のぶひこ)愛媛大学大学院 理工学研究科 生産環境工学専攻 教授
「フードマイレージ教材を発展させて食生活改善活動の実践」

【海外】

@研究助成
キョン・ムク・チェ氏 高麗大学医学部 教授(韓国)
「褐色脂肪組織とサルコペニアの相互関係ならびにそのメタボリックシンドロームへの影響」

ジェイソン・タリス コベントリー大学 医学博士(英国)
「成長期の肥満が骨格筋の発達と機能に及ぼす影響」

廣瀬 みさ(ひろせ・みさ) リューベック医科大学 皮膚科遺伝学グループ 博士研究員(ドイツ)
「ミトコンドリアDNAをターゲットとした肥満のコントロール」

A活動助成
ジュード・サジ ヤウンデ第一大学 薬学・生物医学部 公衆衛生修士(カメルーン)
「カメルーンの中学生を対象とした、肥満に対する意識を高め健康的な生活習慣を促すためのピアプログラム:予備的介入」

 

2013年度助成者一覧(敬称略)-

【国内】

@研究助成
大澤 祐介(おおさわ ゆうすけ) 東京大学 日本学術振興会 特別研究員PD
専門:スポーツ医科学

「サルコペニア肥満予防に貢献する因子を検討する前向きコホート研究
―超高齢者を対象にした健康長寿に寄与する有力バイオマーカ、サルコペニア肥満関連因子、運動機能および生活習慣に着目してー 」

徳原 大介(とくはら だいすけ) 大阪市立大学 大学院医学研究科 発達小児医学 講師
専門:小児科

「肥満小児の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に対する非侵襲的評価システムの構築とそれを基盤とした肥満症への治療戦略の検討 」

杉山 真理 (すぎやま まり) 埼玉県総合リハビリテーションセンター 主任
専門:理学療法

「立位困難者の体脂肪率・安静時代謝量等の測定 ―生活習慣病予防・治療にむけての研究― 」

【海外】

@研究助成
ヴォイチェフ・ブロゴヴスキー ポメラニアン医科大学(シュチェチン) 消化器病学部 医学博士(ポーランド)
専門:再生医療、肥満、移植医学、骨髄および肥満細胞由来幹細胞
「人体における特定面での「骨 ― 脂肪軸」 bone-fat axis 機能に関する探求 」

ディアンナ・L・ウォラス カリフォルニア大学バークレー校 ヘレンウィリス神経科学研究所 博士研究員(米国)
専門:神経科学
「前頭前皮質(PFC) ― 線条体系のモジュレーションが食物選好に及ぼす作用 」

 

マリカ・ボルディッキア マルケ州技術専門大学 臨床分子科学部 国立保健老年学研究所 老年内科 医学博士(イタリア)
専門:肥満、高血圧
「心ナトリウム利尿ペプチド系:肥満および2型糖尿病の制御 」

アダマンティーニ・キリアコウ ハロコピオ大学 栄養学・食品学部 准教授(ギリシャ)
専門:微生物学
「腸内微生物相、肥満、食事:考えられる影響を探る 」

A活動助成
チャド・モリス ロアノーク大学 社会学部 人類学准教授(米国)
専門:応用医療人類学
「パラオ共和国に健康的な食品調理と家庭菜園を推進する地域力を築く」

2012年度助成者一覧(敬称略)-

中尾 葉子(なかお ようこ) 京都大学大学院医学研究科内分泌代謝内科 大学院生

専門:肥満、生活習慣病、疫学

メタボリックシンドローム発症における内臓脂肪蓄積の意義に関する縦断的研究:MEtabolic syndRome and abdominaL ObesiTy (MERLOT) study

宮永 史子(みやなが ふみこ) 国立病院機構京都医療センター 臨床研究センター 研究員

専門:肥満、内分泌・代謝

日本人肥満症の病態と減量治療効果に対するうつ状態と遺伝素因の影響に関する多施設共同研究

山田 晃一(やまだ こういち) 独立行政法人国立健康・栄養研究所、健康増進研究部 上級研究員

専門:栄養学、疫学

健康を損なわずに肥満が解消できる、遺伝子多型ごとの食生活処方、運動処方を考える --「佐久大規模コホート」に於ける遺伝子多型解析

佐藤 雅幸(さとう まさゆき) 専修大学社会体育研究所 所長

専門:スポーツ心理学

行動変容ステージからみた体力向上プログラムの実践活動−大学による地域公開講座における子どもと高齢者を対象に−

ディアンナ・L・ウォラス カリフォルニア大学バークレー校 研究員(米国)

専門:神経科学

食物選択に関連した意思決定における線条体ドーパミンおよび前頭前野ドーパミンの役割

アレクサンドラ・M・グヴィア ポルト大学 分子・細胞生物学研究所(IBMC)、医学部実験生物学学科 博士(ポルトガル)

専門:メラノコルチン

ヒト白色脂肪細胞の「褐色化」:主な作用因としてのメラノコルチン

リパ・チチン・シャイン ルジェル・ボスコビッチ研究所 分子生物学研究部 博士(クロアチア)

専門:神経生物学

体重のセロトニン作動性調節にかかわる遺伝子経路の解明

マイケル・J・ダンカン コベントリー大学 応用スポーツエクササイズ研究グループ 博士(英国)

専門:子どもの身体活動と肥満

子どもの身体活動を増やし、肥満を減らし、心理的な充足感を高めるため、学校で「グリーン・エクササイズ」を採用する

2011年度助成者一覧(敬称略)-

石橋 恭之(いしばし やすゆき) 弘前大学大学院 医学研究科 整形外科学講座 准教授

「肥満改善と体組成変化が変形性膝関節症に及ぼす影響−住民健診と運動介入による膝機能の改善を目指して−」

上野 浩晶(うえの ひろあき) 宮崎大学医学部内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野 助教

「体重と体組成、特に内臓脂肪に与える糖尿病と抗糖尿病薬のインパクト」

勢井 雅子(せい まさこ) 徳島大学大学院人類遺伝学分野(公衆衛生) 助教

「学校と医療機関連携による「小児肥満健康管理システム」の効果分析」

和田 啓道(わだ ひろみち) 国立病院機構京都医療センター 研究室長(医師)

「心血管イベントを規定するバイオマーカー開発−肥満に関連した血管新生関連因子と新規酸化LDLマーカー−」

キンバー・リー・スタンホープ カリフォルニア大学デービス校 分子生物科学部 アソシエートプロジェクト研究員(米国)

「糖類摂取した正常体重および過体重被験者におけるex vivo(生体外)評価による酸化ストレスと一酸化窒素の産生」

キース・トルフレイ ラフバラー大学 スポーツ・エクササイズ・保健科学部 上級講師(英国)

「過体重児と非過体重児において、運動によるエネルギー消費がその後のエネルギー摂取に及ぼす影響」

ハミド・ジャン・モハメド マレーシア科学大学 保健科学部 栄養学科(マレーシア)

「妊婦の受動喫煙(環境たばこ煙への曝露)と酸化ストレス、体脂肪組成との関係」

アナスタシア・ワンジク・カリウキ 国境なき栄養士団 理事長兼会長(ケニア)

「ケニア・ナイロビの中学生における健康的な生活習慣の促進」

2010年度助成者一覧(敬称略)-

佐野 伸一朗(さの しんいちろう) 浜松医科大学医学部付属病院/大学院

「肥満小児におけるFat-Scan及び体脂肪計を用いた体組成と脂肪分布の解析及び小児期メタボリックシンドローム関連因子を用いた小児肥満児への介入効果の検討」

佐藤 哲子(さとう のりこ) 国立病院機構京都医療センター 臨床研究センター 糖尿病研究部 臨床代謝栄養研究室長

「日本人の肥満発症及び減量効果・治療抵抗性に関連する遺伝素因と分子バイオマーカーの探索―チロシンホスファターゼ1B(PTP1B)遺伝子多型の影響―」

宮本 佳代子(みやもと かよこ) 千葉県立保健医療大学 健康科学部 栄養学科 准教授

「健康成人が体重を維持するための摂取エネルギー設定に関する研究−基礎代謝・体組成・推定消費エネルギーの要因を含めた検討―」

田久保 憲行(たくぼ のりゆき) 北里大学北里研究所メディカルセンター病院 医長

「健康障害につながる肥満を持つ子どもと家族へのチームアプローチによるオーダーメイド介入プログラム」

イフティカール・アラム ペシャワール 農業大学 栄養科学部 人間栄養学科 講師、準専門調査員(パキスタン)

「体組成の加齢に伴う変化とその変化が免疫パラメータに及ぼす作用」

アレクサンドラ・マリア・グヴィア オポルト大学 医学部 分子細胞生物学研究室 博士(ポルトガル)

「脂肪細胞におけるメラノコルチンの新たな役割:脂肪から事実(fatからfacts)へ」

キンバー・リー・スタンホープ カリフォルニア大学デービス校 分子生物科学部 アソシエートプロジェクト研究員(米国)

「糖摂取した正常体重および過体重被験者におけるex vivo分析による酸化ストレスと一酸化窒素の産生」

マイケル・ジョセフ・ダンカン コベントリー大学 生体分子学・スポーツ科学科 応用スポーツエクササイズ学 上級講師(英国)

「子どもの身体活動を高め、肥満を減らすため、歩数計を学校教育に取り入れた介入を用いる」

2009年度助成者一覧(敬称略)-

菊池 透 (きくち とおる)新潟大学医歯学総合病院小児科 講師

「小児生活習慣病健診および肥満検診の事後指導としての家族ぐるみの家庭体重腹囲血圧測定の検討」

谷本 芳美 (たにもと よしみ) 大阪医科大学 衛生学・公衆衛生学教室 助教

「高齢者の虚弱に至る体組成変化の解明−特に脂肪に注目し,高齢期における肥満対策の意義について−」

船戸 弘正 (ふなと ひろまさ) 東邦大学医学部解剖学講座 講師

「オレキシンによる肥満抵抗性の研究」

宮地 元彦 (みやち もとひこ) 独立行政法人国立健康・栄養研究所健康増進プログラム 運動ガイドラインプロジェクトリーダー

「BI法による日本人のサルコペニア診断指標設定に関する研究」

ロサ・クラシュマルニク・ブラウン  アリゾナ州立大学 バイオデザイン研究所 環境バイオテクノロジーセンター 准教授(米国)

「減量外科手術後のヒトのミクロビオームの比較」

レイ・ジュウ  華中農業大学 生命科学技術学部 副教授(中国)

「中国の大学生における肥満、食事、ライフスタイルの関係に関する大規模調査」

キース・トルフレイ ラフバラー大学 スポーツ・エクササイズ・保健科学部 上級講師(英国)

「過体重の思春期の少女において、朝食の血糖指数がその後の軽度から中等度の運動中の脂肪酸化に及ぼす影響」

ローラ・アン・ヒーリー  セント・ジェームズ病院 臨床栄養学部 (アイルランド)

「中心性肥満と体組成、メタボリックシンドローム、癌―乳癌における腫瘍の病期、治療、無病生存率に及ぼす影響」

2008年度助成者一覧(敬称略)-

北村 伊都子(きたむら いつこ) 国立長寿医療センター研究所 疫学研究部 流動研究員

「閉経と身体組成の関連についての縦断的検討」

田辺 圭子 (たなべ けいこ) 名古屋大学医学部保健学科 准教授

「母娘2世代の母子健康手帳にみる妊娠中の体重増加と成長後の生活習慣病の発症に関する大規模調査

西村 智(にしむら さとし) 東京大学循環器内科特認助教・科学技術振興機構さきがけ「光の利用と物質材料・生命機能」研究員

「メタボリックシンドロームの新規評価基準(脂肪組織機能・体積評価)の確立、及び臨床有用性の評価」

矢口 友理(やぐち ゆり) 山形大学地域教育文化学部生活総合学科食環境デザインコース 助教

「肥満大学生を対象としたエビデンスに基づくテーラーメイド食習慣改善養指導の効果」

アリス・J・オーウェン モナシュ大学 疫学・予防医学科(オーストラリア)

「量と体減組成の変化を4種類の減量外科手術で比較」

ジャック・L・クルソー チュレイン大学 公衆衛生・熱帯医学部疫学科 プログラムデザイナー/コーディネーター(米国)

「減量ばかりに偏らないで」

マイケル・ジョセフ・ダンカン ダービー大学 教育・保健・科学学部(英国)

「学校における身体活動と健康体重を促進するため、体を動かすテレビゲームを利用する」

クリストス・S・マンツォロス ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター 内分泌・糖尿・メタボリズム科 准教授(米国)

「ヒトにおけるアディポネクチンの決定因子と影響」

2007年度助成者一覧(敬称略)-

足達 寿 (あだち ひさし) 久留米大学医学部内科学講座、心臓・血管内科 准教授

「脂肪細胞由来のサイトカインは、メタボリック症候群と関連する?:農村および漁村での一般住民を対象とした疫学研究」

五島 史行 (ごとう ふみゆき) 日野市立病院 医長

「体重コントロールのための認知行動療法、自律訓練法の活用」

森山 賢治 (もりやま けんじ) 武庫川女子大学 教授

「中高年就労者の内臓脂肪と動脈硬化危険因子発症の自然経過に関するコホート調査」

和田 高士 (わだ たかし) 東京慈恵会医科大学新橋健診センター 准教授

「3種類の基本的な生活習慣の中でどれが内臓脂肪症候群をもっとも予防しえるのか」

グラディス・ウィット・ストレイン コーネル大学医学部/肥満学・腹腔鏡手術 腹腔鏡・肥満症手術研究所 所長(米国)

「減量と体組成の変化を4種類の減量外科手術で比較」

ゲーリー・マイケル・ヒースコート グアム大学 人類学資源調査センター 准教授(米国)

「体組成と健康:グアム大学の学生に自分の体組成を自己分析するよう指導し、それとメタボリックシンドロームや慢性疾患のリスクとの関係を探る」

ジュリア・アン・ポター チチェスター大学 体育学部 博士(英国)

「体組成と心血管疾患の調査」

クリストス・S・マンツォロス ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター 内分泌・糖尿・メタボリズム科 准教授(米国)

「ヒトにおけるアディポネクチンの決定因子と影響」

2006年度助成者一覧(敬称略)-

石坂 信和 (いしざか のぶかず) 東京大学付属病院・循環内科特認講師

「禁煙状況が肥満とインスリン抵抗性の関連に及ぼす影響の検討」

清原 裕 (きよはら ゆたか) 九州大学大学院医学研究院環境医学教授

「久山町住民におけるメタボリックシンドロームの腹囲基準の検証に関する研究」

久保田 晃生 (くぼた あきお) 静岡県総合健康センター研究副主任

「グループ単位での生活習慣改善による現象を目指した『減量チャレンジラリー』の効果」

松尾 知明 (まつお ともあき) 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程3年次

「減量介入に伴う体重減少量に影響を及ぼす遺伝子の検索」

ムハマド・マムン・ジャファール エルマムンセンター研究員(ガーナ)

「エル・マムン・センターの画期的な『もっとガーナを健康にイニシアチブ』」

ローラ・K・ハイスラー アッデンブルックス病院 臨床生化学科 上級研究員(英国)

セロトニンとレプチンの食欲抑制を調節している神経回路の比較分析」

クリストス・S・マンツォロス ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター 内分泌・糖尿・メタボリズム科 助教授(米国)

「体脂肪とアディポネクチンの修正可能な予測因子の同定」

ユファ・ツェン ジョスリン糖尿病センター 肥満研究科 副研究員(米国)

「脂肪組織における骨形態形成タンパク質の発現とヒトの肥満との関連性」

2005年度助成者一覧(敬称略)-

瀧原 圭子 (たきはら けいこ) 大阪大学 保健センター助教授 

「アディポサイトカインに基づいた生活習慣病の予防に関する研究−生活習慣病予備軍としての肥満者へのより早期からのライフスタイル介入へむけて−」

冨澤 登志子 (とみさわ としこ) 弘前大学医学部保健学科看護学専攻 助手

「肥満糖尿病患者におけるグループダイナミックスを利用した認知行動療法的運動プログラムの効果」

仲田 清剛 (なかだ せいごう) 特定医療法人・敬愛会 ちばなクリニック院長 

「保健師による『公民館を拠点とした生活習慣つくり』と『若年層に対する出前講座』による肥満対策−新たな地域保健システムの構築に向けて−」

堀田 紀久子 (ほった きくこ) 理化学研究所・遺伝子多型研究センター・疾患関連遺伝子研究グループ・肥満関連遺伝子研究チーム・リーダー

「メタボリック・シンドローム関連遺伝子の検索と機能解析」

スーザン・ブリューアー (ドイツ) ライプツィヒ大学 小児病院 医師

「肥満(脂肪過多症)の原因となりうる候補遺伝子型と疾患の素因ならびに変異との関連性についての分析」

ワン・アブドゥル・マナン (マレーシア) マレーシア科学大学 健康科学部 教授

「マレーシア農村部の主婦における過体重と肥満症の有病率と生活の質」

ジュリア・アン・ポター (英国) チチェスター大学 体育学部 博士

「成功の衛星化」

ジョージ・アントニオ・ヴィズカラ (米国) テキサス工科大学 動物・食品学科 助教授

「肥満関連形質を調べるための生物医学的モデル」

2004年度助成者一覧(敬称略)-

吉永 正夫 (よしなが まさお) 鹿児島大学・大学院医歯学総合研究科 小児発達機能病態学分野 助教授

「個人およびコホートの体格値の縦断的研究による小児肥満およびメタボリック症候群発生予防に関する研究」

大河原 一憲 (おおかわら かずのり) 筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科 大学院生

「減量期間中の体組成変化におけるBI法の妥当性について−体脂肪量,体水分量の経時的変化に着目して−」

鈴木 政登 (すずき まさと) 東京慈恵会医科大学.臨床検査医学講座 助教授

「成人肥満発症に及ぼす小児期における習慣的運動の影響−遺伝性肥満モデルOLETFラットを用いた脂肪細胞の cellularity および肥満関連遺伝因子に関する研究−」

丸山 徹 (まるやま とおる) 九州大学健康科学センター 助教授

「学生定期健康診断で検出される過体重学生における心電図異常とその食餌指導による改善の経時的検討:健康指標としての心電図QT間隔の検討」

カタリナ T. ボレル (米国) ミシガン大学 内分泌学科 教授

「運動のエネルギー消費量は検出されない」

マックス B. ラフォンタン (フランス) ルイス・バグナード研究所 医師

「ナトリウム利尿ペプチドにより制御される新たな脂肪分解経路の役割の研究を肥満患者と正常体重患者を対象に実施」

アンジェ ボトナー (ドイツ) ライプチヒ大学 小児大学病院 医師

「小児における若年発症肥満症の遺伝マーカーと生化学マーカー─リスクプロファイルの作成」

ジョージ モタ (ポルトガル) ポルト大学 余暇/健康関連身体活動研究センター 医学博士

「アコルダ・プロジェクト(食事と身体活動による療法を受ける肥満した青少年と子ども)」

2003年度助成者一覧(敬称略)-

兵庫県立柏原病院 産婦人科部長:上田康夫先生

  「妊婦適正体重増加基準の再評価における母体体脂肪測定の応用に関する研究」

国立保健医療科学院生涯保険部 母子保健室長:加藤則子先生

  「乳幼児期から学童・思春期に至るまでのBMI基準値作成に関する研究」

東北大学医学部保健学科 教授:佐藤喜根子先生

  「妊娠期の体重の増減が周産期に及ぼす影響−非妊娠時の体型別分析−」

京都大学内分泌・代謝内科 教室助手:益崎裕章先生

  「肥満症の代謝障害を評価する新しい臨床マーカーの開発  −尿中代謝産物を用いた分子疫学的研究―」

東京都老人総合研究所 生体機能調整と加齢研究グループ グループリーダー:宮坂京子先生

  「肥満に関する遺伝子多型の解析と相互作用」

2002年度助成者一覧(敬称略)-

栃木県厚生連下都賀総合病院院長・川村 功先生(第9回国際肥満外科学会会長)

  「第9回国際肥満外科学会の開催と重症肥満の外科治療研究活動」

市立小樽病院内科医療部長・松原三八夫先生

  「肥満者における血中アディポネクチンと各種パラメーターとの相互関連の検討」

順天堂大学医学部 内科学・代謝内分泌学 助教授・田中 逸先生

  「肥満者における骨格筋細胞、肝細胞の細胞内脂質量の特徴と効果的な肥満解消法の検討」 

和洋女子大学家政学部健康栄養学科助教授・湊 久美子先生

  「女子大学生への健康教育の実践―適正体脂肪の維持と栄養及び運動習慣―」

YMCA福祉スポーツ研究所主任研究員・小野 晃先生

  「知的障害児、親子肥満解消教育キャンプの実践」

2001年度助成者一覧(敬称略)-

鹿児島大学医学部小児科助教授・吉永 正夫先生

  「日本人小児体格値の縦断的研究とcomorbidityの研究-肥満予防・治療開始基準の検討-」

群馬大学医学部付属病院講師・清水 弘行先生

  「日本人肥満者における体重と血中高感度CRP濃度の関連性に関する研究」

東京大学大学院医学系研究科助手・李 廷秀先生

  「長期間の体重変動が生活習慣病に及ぼす影響」 

三重大学教育学部助教授・冨樫 健二先生

 

 

PAGE TOP