国土交通省は規則及び通達を改正

事業用自動車の運転者の飲酒運転を根絶するため、国土交通省は規則及び通達を改正。2011年5月1日から運送事業者が運転者に対して実施する点呼において以下3つのことが義務化されました。

3つの義務

  1. アルコール検知器を備えること。
    ・営業所ごとにアルコール検知器を備える。
    ・遠隔地で乗務を終了、または開始する場合には、運転者に携帯型のアルコール検知器を携行させる。
  2. アルコール検知器を使用して、運転者の酒気帯びの有無を確認すること。
    ・乗務開始前、終了後等において実施する点呼の際に、運転者の顔色、呼気の臭い、応答の声の調子を目視等で確認することに加え、アルコール検知器を使用することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認する。
  3. アルコール検知器を保守すること。
    運転管理者はアルコール検知器を故障がない状態で保持しておくために、アルコール検知器の製作者が定めた取扱説明書に基づき、適切に使用し、管理し、及び保守するとともに、次の事項を実施しなければならない。
  • ・毎日確認する。
    • →電源が確実に入ること。
    • →損傷がないこと。
    • ※遠隔地で乗務を終了または開始する場合等、アルコール検知器を運行者に携行させ、又は自動車に設置されているアルコール検知器を使用させる場合にあっては、運転者が所属営業所を出発する前に実施しなければならない。
  • ・少なくとも週1回以上確認する。
    • →酒気を帯びていない者がアルコール検知器を使用した場合に、アルコールを検知しないこと。
    • →アルコールを含有する液体又はこれを希釈したものを、口内に噴霧した上でアルコール検知器を使用した場合に、アルコールを検知すること。
    • ※アルコール検知器メーカーから販売されているキットを使用することも可能。