TANITA UCHECK.JP
ホームucheckとは糖尿病のリスク食後高血糖と尿糖尿糖について尿糖計について尿糖計Q&Aダウンロード
糖尿病について 〜糖尿病とは、どのような病気なのでしょうか?
糖尿病は、血液中の糖分(血糖)の割合が高くなる病気です。その表記から「尿に糖が出る状態」が糖尿病であるとのイメージがありますが、正確にはインスリン分泌や作用の不足による慢性高血糖によって、さまざまな代謝異常を伴う疾患群であるとされています。放っておくと恐ろしい糖尿病ですが、自己管理がうまくいけば糖尿病の予防やコントロールは可能です。


増え続ける糖尿病とその予備軍


増え続ける糖尿病とその予備軍。成人の 5人に1人、40歳以上では3人に1人 が該当するといわれています。食習慣や 、生活環境の変化により、その数は年々 増加傾向にあります。糖尿病は初期には 自覚症状がほとんどありません。しかし、 放っておくと糖尿病が進行するだけでな く、重篤な合併症を引き起こし、死に至 ることもあります
 


糖尿病の医療費


右図は、糖尿病にかかる医療費(年間)を治療や療法の程度によって表したものです。  身体的負担のほか、家計へ負担も見逃せません。
  医療費の推移
     
    ※表記の金額は掲載時の目安です。
出典:糖尿病ネットワーク



合併症は社会的・経済的損失も大きい


糖尿病の自覚症状は、「のどが渇く」「疲れやすい」「尿量が多い」「体重減少」などがあげられますが、 糖尿病初期にはほとんど自覚症状がありません。放っておくと症状が進み、目が見えにくくなったり、 さらに放置すると失明したり、腎不全を起こして透析が必要になったり、壊疽による下肢の切断が必 要になります。これらを合併症といいますが、長年にわたって血糖値が高い状態が続いて、初めて発 症します。
 
三大合併症      
 
糖尿病性網膜症による失明
(3500人以上/年)
壊疽による足の切断
(3000人以上/年)
糖尿病性腎症による人工透析
(15750人/年)
 
       
2008年のデータによると、 「糖尿病性腎症」による人工透析の患者 さんの数は15,750人/年となって おり、新しく人工透析を始めることにな った原因の40%以上を占めるようにな り年々増加しています。人工透析を受け るようになった患者さんは健康面だけで なく、日常生活や仕事など、社会的・経 済的損失も大きいことが挙げられます。
       
  慢性透析療法の現況    
       
 
(社)日本透析医学会統計調査委員会
「わが国の慢性透析療法の現況(2007年12月31日現在)」
出典:糖尿病ネットワーク
   


糖尿病の怖さ・・・・それは三大合併症だけではない


糖尿病の怖さは、いわゆる三大合併症 だけではありません。初期の自覚症状 のない、いわゆる糖尿病の可能性を否 定できない人でも食後高血糖を繰り返 す食習慣を続けていると血管の内皮細 胞が傷つくことで心筋梗塞や脳梗塞な どの動脈硬化疾患の原因につながるこ とが分かっています。動脈硬化は血糖 値が少し高い状態でも進行しますので、 早い時期の糖尿病治療やコントロール が望まれます。

   
 
「デジタル尿時計」のお求めは「健康はかりや」



このサイトは“健康をはかる”企業、タニタが運営しています。 
©2012 TANITA Corporation. All Rights Reserved..