TANITA UCHECK.JP
ホームユーチェックとは糖尿病について食後高血糖と尿糖尿糖について尿糖計について尿糖計Q&Aダウンロード
尿糖について 〜血糖値と尿糖値の理解がセルフコントロールの第一歩
血糖値は、文字通り血液中に含まれる糖の値ですが、食事や運動などにより刻々と変化します。血糖測定は、採血時の瞬間の血糖値を測定することになります。


尿糖とは・・・・尿糖のできる仕組み


食後高血糖を尿糖でチェックできることをご存知ですか?・・・・・尿糖ってなんでしょう。
正常な場合、尿糖はほとんど検出されません
糖尿病は、血液中の糖(血糖)の割合が高くなる病気です。腎臓は血液中のさまざまな老廃物を濾過して排泄するための臓器です。健康な人の場合、糖は身体に必要な成分のため99%が再吸収され血液に戻ります。従って、尿糖はほとんど検出されません
  血糖が正常な場合
 
血糖が正常な場合

血糖値が高いと、吸収しきれない糖が尿に排泄されます
血糖値が異常に高くなると、腎臓で再吸収しきれない糖が尿中に排泄されます(この時の血糖値を腎閾値(じんいきち)といいます)。このため糖尿病にかかると尿糖が検出されることが多くなります。





※ただし、健康な人でも体調によって尿糖が出ることがあります。また、体質によって尿糖が出やすい人、出にくい人があります。詳しくは医師にご相談ください

  血糖が高い場合
 
血糖が高い場合


尿糖とは・・・・尿糖値と血糖値の関係


尿糖は血糖と密接な関係にあります
下図のように血糖値が腎の閾値(いきち)を超えて高くなると尿糖が検出されます。食後尿糖を測定する時は食事直前に一度排尿し、食後1〜2時間の尿を観ることで食後高血糖状態があったかどうかが簡単に判ります。日常的に尿糖値をチェックして食事や運動に気をつければより良い血糖コントロールが期待できます。

食後の尿糖を測定してみませんか!
まずは、空腹時の尿糖を測定し、正常範囲内(50mg/dl未満)かどうか確認してみましょう。糖尿病予備軍と思われる方の場合、空腹時は正常範囲内の場合が多いので、次は食後の測定をお勧めします。食後約2時間程度の尿糖を測定してみましょう。食後に血糖値が上昇し、腎閾値(じんいきち)を超えるような食後高血糖状態があった場合、尿糖値も高い値を示します。 測定結果については下表を目安に測定し、食後高血糖のコントロールなどにご利用ください。

測定値(mg/dL) 判定 コメント
50未満 尿糖はほとんど検出されませんでした。 今後も尿糖が検出されないように定期的な測定をおすすめします。
50〜100未満 尿糖が少し検出されました。 尿糖は、食事や運動と密接に関係しています。日常的に検出される場合は医師に相談のうえ、尿糖値を下げるよう継続的な測定をお勧めします。
100以上 尿糖が多めに検出されました。


尿糖測定のポイント


ポイント@ 食事直前の排尿
まず、食事を摂る直前に必ず排尿しましょう。食事前の尿を溜めたまま食事し、食後尿を測定しても尿糖は薄まってしまい正確な食後尿糖値になりません。

ポイントA 食後約2時間の測定
もう一つは食後尿を測定するタイミングですが、食後約2時間をお薦めしています。しかしながら血糖値の立ち上がり方 は何をどの位食べたかによって異なります。まずは食後1〜2時間の範囲でお試しください。食後の運動も忘れずに。

ポイントB 食事内容の見直しと反映
尿糖測定で食後高血糖が判明したら、次は食事内容を見直してみましょう。血糖の上がりやすい食事内容ではありませんでしたか?。気づく点があったらそれらを次の食事内容に反映しましょう。そしてまた食後尿糖を測定してみましょう。前回よりも低い値でしたら食事コントロールがうまくいった証拠です。これを繰り返すことで次第に食後尿糖を正常範囲に近づけていきましょう。

 

ユーチェックサイクルで食後高血糖にならない食習慣を体得しましょう!
糖尿病のケアと予防、その基本は食事と運動。 そして日頃からの自己管理が大切とタニタは考えます。
タニタははかるを通じて皆様の健康管理のお役に立たせて頂きます。

 
「デジタル尿時計」のお求めは「健康はかりや」


このサイトは“健康をはかる”企業、タニタが運営しています。 
©2012 TANITA Corporation. All Rights Reserved..