バーチャロン専用コントローラー「ツインスティック」商品化プロジェクト
増産を目指すクラウドファンディングを12月21日正午よりスタート

2018年12月20日


タニタは、セガゲームスのPlayStation®4※1用ゲームソフト『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』※2に対応するコントローラー「XVCD-18-b 18式コントロールデバイス『ツインスティック』」の増産を目指すクラウドファンディング(CF)プロジェクトを、CFプラットフォーム「キャンプファイヤー」(https://camp-fire.jp/projects/view/115586)にて12月21日正午よりスタートします。締め切りは2019年1月30日午後11時59分まで。商品自体がリターンとなる購入型のCFで、目標金額は支援金額1口4万4600円(税込)で合計1000口、計4460万円を目指します。CFが成立した場合、リターンとなる本商品の発送は、2020年3月頃を予定しています。

「ツインスティック」商品化プロジェクトは、アミューズメントゲームのジョイスティックやボタンの製造・販売を手がける三和電子と金属加工を手掛けるトラスティ―の全面協力のもと、「一生もののツインスティック」の商品化を目指す試みです。本プロジェクトに合わせ、セガゲームスがバーチャロンシリーズの『電脳戦機バーチャロン』『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66』『電脳戦機バーチャロン フォース』の3作品をPlayStation®4用ダウンロードソフトとして発売し、本商品に対応することを発表しています。

※1“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※2「とある魔術の電脳戦機」は、電撃文庫を代表する小説「とある魔術の禁書目録(インデックス)」シリーズとのコラボレーションにより生まれた、バーチャロンシリーズとしては15年ぶりの最新作です。「とある魔術の禁書目録」シリーズの原作者・鎌池和馬氏が同作のために全編を描き下ろしたストーリーに加え、バーチャロンシリーズ特有のハイスピードなゲーム性は、新アクション「トランジション」の追加やポイント制の採用により、さらに進化しています。

XVCD-18-b 18式コントロールデバイス『ツインスティック』(完成イメージ)


■クラウドファンディングのプロジェクトページはこちら(12月21日正午より公開)
https://camp-fire.jp/projects/view/115586
 
 
 

PAGE TOP