公益信託 タニタ健康体重基金

タニタ健康基金とは

公益信託タニタ健康体重基金は、肥満やこれに起因する生活習慣病をなくすための優れた研究や活動について支援する助成制度です。
生活者の健康増進と福祉の向上を目的に、タニタ設立50周年にあたる1994年に創設しました。
毎年、先進性や多様性に富む優れた研究や活動テーマが多数応募されており、これまでに181件の研究・活動を支援しています。

募集は毎年4月から6月にかけて行い、学識経験者らからなる運営員会の厳正な審査を経て、9月に助成対象者を決定します。国内の研究・活動が対象となり、若手研究者やコメディカルからの応募も歓迎しています。

助成応募について

「公益信託 タニタ健康体重基金」では、毎年1回募集し、厳正な審査の上、助成先を選定しています。
※22年度の募集は終了しました

基金の原資について

タニタでは毎年、利益の一部を公益信託タニタ健康体重基金に拠出しています。
また、代表取締役社長の谷田千里が社外で講演を行った際の講演料等は、タニタ本来の社業による収入ではありませんので、全額を本基金へ寄付しています。

■2021年度に寄付した講演料
・株式会社船井総合研究所『第94回研究会全国大会 経営戦略セミナー』講演料
・一般社団法人日本YPO『2021年5月勉強会』講師料
・ソフトブレーン株式会社『セールステックフェス2021』講演料
・佐賀県健康福祉部『さが健康維新県民会議2021』講演料
・日本大学生産工学部創生デザイン学科講演料
・株式会社ナイス『経営者会議』講演料
・Climbers事務局『Climbers Diversity & Inclusion Summit 2021』講演料
・日本経営道協会『リード力開発道場フォーラム2021』講演料
・早稲田大学商学部『株式会社カインズ寄附講座 価値創造のマーケティング』講演料
・日本経済新聞社『日経スマートワーク経営フォーラム』講演料

お問い合わせ

基金に関するお問い合わせはこちらです。

PAGE TOP