予防歯科専門クリニック「歯の花CLINIC」院長 米畑有理先生の「お口の健康」インタビュー

日本では数少ない予防歯科を手がける『歯の花CLINIC』の米畑有理先生に、お口の健康とにおいの関係についてお聞きしました。

Q:はじめに、先生が取り組まれている「予防歯科」について教えてください。

米畑先生米畑先生:歯周病や虫歯の原因やリスクを減らすのが予防歯科です。予防といえば、問題が起こる前に始めるものだけを想像されがちですが、そうではありません。例えば、虫歯で穴があいたところを物理的に埋めるだけでは、虫歯という病気は治ったとは言えません。細菌、食生活、唾液などの虫歯の原因を評価しリスクを下げる必要があります。同じように、歯周病で歯肉が腫れたところの腫れがひいただけでは歯周病は治っていません。お口全体の歯周状態を検査し、歯周病を減らす必要があります。このように、症状ではなく原因にアプローチするのが予防歯科なのです。


Q:症状が出てからではなく、普段からお口の健康を考えることが大切なんですね。

米畑先生米畑先生:早期から歯科医師などのプロによる歯のケアをした人と、しなかった人の間には、驚くほどの差が出ていたという研究結果があります。20代から30年間ケアを続けた人の場合、30年後に歯周病になった歯の割合がわずか2%だったのに対して、ケアをしなかった人の歯は8割以上が歯周病となっていました。つまり定期的なメンテナンスを続けていれば、たいていの人が歯周病などに悩む必要はなくなるのです。
さらに最近では、歯周病と全身疾患の関係についての医学的研究が進んできました。その結果分かったのは、歯周病が心臓病や糖尿病、いくつかのガンの発症に影響するということです。特殊なタイプの虫歯菌が、脳出血のリスクを高めるとの報告もあります。また、一般的に歯の健康と全身の健康状態には相関関係があり、歯を多く保っている人ほど医療費が少なくなる傾向が明らかになっています。歯の健康は、全身の健康にも影響するといえるでしょう。

Q:お口の健康とお口のにおいは関係があるのですか。

米畑先生:口臭の9割は口の中に原因があると言われています。具体的には歯周病菌と唾液量の低下などですが、強い口臭の原因は歯周病菌によるものがほとんどですのでお口の健康とお口のにおいには大いに関係があると言えます。しかもご本人の鼻は慣れてしまっていて口臭を自覚していないことも多いです。
私のクリニックでは、初診の患者さんには必ず口臭チェックを行っていますが、歯周病が重度の方には治療のモチベーションとして役立つこともあります。

Q:お口のにおいについて教えてください。

米畑先生米畑先生:においの原因はいくつかありますが、多くは口の中の嫌気性菌(酸素が苦手な菌)が発生させる揮発性のガスです。酸素が届きにくい歯の間のケアや歯石除去が大切です。
また、口臭は自分では気づきにくい、という特徴があります。
鼻が自分の口臭に慣れてしまい、「くさい」と感じなくなるのです。
そのため、歯周病が進んで強い口臭が出ている人でも、それに気づくことができず、症状が進んでしまいます。また、その段階になると、周囲にもかなりの迷惑をかけることになってしまうので、エチケットとしても問題がありますよね。

Q:お口のにおい対策を教えてください。

米畑先生:一般的な口臭対策として歯磨きやマウスウォッシュ、ガムなどがありますが、それぞれの原因に合わせた対策でなければ、かえって逆効果となってしまうことがあります。やはり、私たちのようなクリニックでの定期的な「プロケア」による口腔メンテナンスを行っていただくことが大事です。簡単にできる一時的な対策としては、シュガーレスのガムをかんだり、水分をまめにとったりして口を潤わせることが有効です。また、口臭は自分では分かりにくいので、ケアを習慣づけるためにセルフチェックから始めるのも良いですね。

Q:簡単にできる「セルフチェック」とはどんなことですか。

ブレスチェッカー EB-100(アイボリー)米畑先生:ブレスチェッカー「EB-100」を使えば、自分で簡単にお口のにおいをチェックできます。
ただし、使い方に注意が必要です。
私のクリニックでは初診の際に口臭チェックを行っているとお話ししましたが、はかる前の条件があります。「はかる1時間前から飲食、タバコ、歯磨き禁止」です。正確に口臭を判定するためには、この条件は大切で、セルフチェックでも同じです。
ブレスチェッカーは歯磨き粉に含まれる成分や、タバコ、アルコールにも反応するので、一定時間口にモノを入れていない状況ではかるようにしましょう。飴や水もダメです。
使用イメージ条件を守って使うことで、口臭の度合いや変化を把握することができます。
口臭について過度に悩んでしまっている方もいるので、客観的にチェックできるのはいいですね。

Q:ブレスチェッカー「EB-100」について教えてください。

米畑先生米畑先生:これまで予防歯科の観点でお話ししてきましたが、何よりも「エチケット」として活用できるところがいいですね。
口臭は自分では気づかずに周りに迷惑をかけてしまっている場合があります。この商品を使えば、客観的ににおいのレベルが分かるので、その場で対応ができますよね。
測定結果のLED表示イメージサイレント設計なところも気遣いを感じます。化粧室などで周りに気付かれずにはかることができるのでデートの時にも持っていたいですね(笑)

予防歯科専門クリニック「歯の花CLINIC」院長
米畑有理先生 プロフィール
<経歴>
1998   大阪大学歯学部歯学科卒業
2001-02  ボルドー大学(フランス)留学
2003   大阪大学大学院歯学研究科歯学臨床(口腔総合診断学)修了・歯学博士号取得
2004-06  開業医勤務/大阪大学歯学部附属病院登録医
2007   歯の花クリニック 開業


<著書・訳書>
『マウスガード製作マニュアル −スポーツ歯学への誘い』
  前田芳信・米畑有理・安井利一 著 クインテッセンス出版

『インプラント補綴のリスクファクター −予知性を高めるための臨床的分析法』
  前田芳信・米畑有理 訳 クインテッセンス出版
歯の花CLINIC
米畑有理先生の『歯の花CLINIC』information
大阪府大阪市中央区北浜1-1-10 北浜小林ビル1F
TEL : 06-6777-2848
URL: www.hanohana.com

PAGE TOP