ミニストップの店頭端末「MINISTOP Loppi」から歩数計・活動量計のデータを送信
「タニタ歩数計・活動量計データ送信サービス」が7月1日よりスタート


2016年7月1日
株式会社タニタ

タニタの健康管理サービス「からだカルテ」および「HealthPlanet」に対応した歩数計と活動量計のデータ送信を、ミニストップの店頭端末「MINISTOP Loppi」から行えるようになりました。対応するのはフェリカ(FeliCa)搭載の歩数計「FB-730」と活動量計「AM-150」の2機種。計測した消費カロリーや歩数などのデータを、全国のミニストップ2208店舗(2016年5月末現在)から、24間365日いつでもデータ送信することができます。これまでのローソンの店頭端末「Loppi」に加え、ミニストップからもデータ送信が可能になったことで、「からだカルテ」および「HealthPlanet」をより便利にお使いいただける環境が整いました。ぜひご活用いただき、健康づくりにお役立てください。

※「FeliCa」はソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。


■活動量計AM150
http://www.tanita.co.jp/product/g/_TAM150WH/

PAGE TOP