簡単、気軽にすきま時間でエクササイズ エクササイズ用品の新ブランド
「タニタサイズ」シリーズ4商品を9月1日に発売


2016年8月31日

健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は、家庭用エクササイズ商品の新ブランド「タニタサイズ」を立ち上げ、第1弾となる「エクササイズマット」、「ジムボール」、「ソフトエキスパンダー」、「リングダンベル」の4商品を2016年9月1日に発売します。タニタでは健康計測機器だけではなく、健康的なボディーサイズの実現をサポートする商品の開発にも取り組んでおり、「タニタサイズ」は、「すきま時間を使って、気軽に運動できる」をコンセプトに商品化しました。女性を意識した柔らかな丸みを帯びたデザインと、持ち運びに便利な専用ケースを付属しているのが特徴。価格はいずれもオープン。健康・美容意識の高い女性をターゲットに、シリーズ合計で年間5万セットの販売を計画しています。 タニタでは、「食事」、「運動」、「休養」をバランスよく取り、からだの変化をチェックする「健康サイクル」の実践が健康づくりに欠かせないと考えています。

「タニタサイズ」は、日常生活の中で手軽に「運動」できるエクササイズ用品をラインアップしました。各商品は明るい花柄をあしらった専用ケースが付属しており、持ち運びや部屋での出し入れがしやすいように工夫しています。身の回りに置いて、いつでも使えるデザインとすることで、日々の行動変容を促します。

タニタは体組成計や活動量計をはじめとする健康計測機器をはじめ、女性専用フィットネススタジオ「フィッツミー」の運営、タニタ食堂の全国展開、インターネットを使った健康管理サービス「からだカルテ」や企業・自治体向け医療費適正化パッケージ「タニタ健康プログラム」などを展開。「健康をはかる」だけでなく、「健康をつくる」さまざまな商品・サービス・ソリューションを提供しています。今回発売する「タニタサイズ」は、タニタが提案する新たな運動ソリューションとなります。今後は、シリーズのラインアップの拡充を図るとともに、「フィッツミー」監修の「タニタサイズ」を使ったオリジナルエクササイズプログラムの開発や、タニタの健康計測機器やタニタ食堂のレシピを組み合わせた健康生活提案など、グループシナジーを生かしたサービスを展開していく考えです。

■「タニタサイズ」シリーズのご紹介

・エクササイズマット TS-951
ヨガやストレッチなどを行う際に床に敷くマットで、からだの位置が確認できるよう目印となるラインが入っているのが特徴


エクササイズマット TS-951


・ジムボール TS-952
バランス運動や体幹トレーニングが行える直径65cmのバランスボール


ジムボール TS-952


・ソフトエキスパンダー TS-953TS-954TS-955
筋力アップや全身のストレッチができるゴム製のエキスパンダー
強度の違う3種類(「TS-953(やわらかめ)」、「TS-954(ふつう)」、「TS-955(かため)」)を用意



(左から)ソフトエキスパンダー TS-953、TS-954、TS-955


・リングダンベル TS-956TS-957TS-958
穴に指を通して持つタイプのコンパクトなダンベル
安全・手軽に筋力トレーニングが可能
2個1セットで、重さの違う3種類(「TS-956(0.5kg)」、「TS-957(0.7kg)」、「TS-958(1kg)」)を用意


TS-956TS-957TS-958

(左から)リングダンベル TS-956、TS-957、TS-958


PAGE TOP