タニタ前会長・谷田大輔氏が経済産業大臣表彰を受賞


2016年11月4日

株式会社タニタの前会長・谷田大輔氏が、このたび計量関係功労者として経済産業大臣表彰を受賞されました。同表彰は計量器の開発や技術、事業の発展に貢献してきた計量関係者に贈られるもので、11月1日に開催された「計量記念日」式典において表彰されました。

同氏は1987年から2010年にかけて株式会社タニタの社長、会長を歴任。その間、デジタル体重計や乗るだけで計測できる体脂肪計をはじめ、電子尿糖計、睡眠計など、日本初・世界初となるさまざまな「健康をはかる」商品の開発・販売の指揮を執られました。また、「タニタ食堂」の前身となる会員制の減量指導施設「タニタベストウェイトセンター」を開設し、健康管理手法を確立されたほか、「タニタ健康体重基金」や「タニタ健康大賞」を創設して肥満撲滅のための啓発活動にも取り組まれました。こうした長年の活動が評価され、今回の受賞となりました。弊社にとっても非常に名誉なことであり、タニタでは今後も業界の発展ならびに「日本の健康づくり」のために尽力していきたいと考えています。

経済産業大臣表彰を受ける谷田大輔氏
(写真上は日本計量新報社提供)



PAGE TOP