ヘルスメーター発売60周年記念キャンペーン
「第2回タニタ健康川柳コンテスト」の優秀作品を決定
金賞は「筋肉が 転ばぬ先の 杖がわり」

2019年9月9日


健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)が、ヘルスメーター発売60周年記念キャンペーンとして実施した「第2回タニタ健康川柳コンテスト」の優秀作品を決定しました。今回は筋肉にまつわる川柳(五・七・五)を募集。このたび厳正なる選考の結果、下記の作品を金賞、銀賞に決めました。


■優秀作品
(金賞)
筋肉が 転ばぬ先の 杖がわり (茨城県 たぬき親父 さん)
(銀賞)
サヨナラも 言わずに消えた 我が腹筋 (京都府 エミテン さん)
家計簿に 投資と書いた プロテイン (福島県 やんちゃん さん)
金と筋 使えば減る金 増える筋 (愛知県 ブレンディー さん)



タニタ健康川柳コンテスト特設ウェブサイトでは、これら受賞作品とその他100の優秀作品を公開しています。
https://www.ichance.jp/cp/tanita_healthmeter60th1/Posts/no2

「体重計」をテーマにした「第1回タニタ健康川柳コンテスト」に引き続き、今回も幅広い年齢層から多数の応募がありました。これを受け、2019年10月10日から「食欲」をテーマにした「第3回タニタ健康川柳コンテスト」を実施することを決定しました。応募締切は2020年1月15日。応募作品の発表は2月中旬を予定しています。タニタは1959年にヘルスメーターの製造を開始して以来、世界初となる体内脂肪計やからだに関する新たな指標を生み出し、健康づくりをサポートする商品を世に送り出してきました。今後もさまざまな健康計測機器・サービスの提供を通して、人々の健康管理、健康づくりに貢献していきたいと考えています。

第2回タニタ健康川柳コンテスト優秀作品


PAGE TOP