デュアルタイプ体組成計「インナースキャンデュアルRD-802」が
第32回中小企業優秀新技術・新製品賞の「優秀賞」を受賞しました

2020年4月14日


この度、公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が主催する中小企業優秀新技術・新製品賞の一般部門において、タニタのデュアルタイプ体組成計「インナースキャンデュアルRD-802」が「優秀賞」を受賞しました。同賞は、中小企業の技術振興を図り、日本の産業の発展への寄与することを目的に、1988年に創設されたもので、今年で32回目となります。

今回受賞したRD-802は、医療分野で主流となっている高周波と低周波の2周波の電流で生体インピーダンスを計測し、右腕・左腕・右脚・左脚など部位ごとの体組成を表示。体脂肪率や筋肉量などに加え、筋肉の状態を評価する「筋質点数」や脈拍など26項目の計測ができるタニタの家庭用体組成計における最高峰モデルです。この受賞を励みにタニタでは、引き続き人々の健康づくりに貢献する商品の開発に取り組んでいきます。

第32回中小企業優秀新技術・新製品賞
https://biz.nikkan.co.jp/sanken/shingizyutu/32shingizyutu.html

PAGE TOP