「緊急事態宣言」の全面解除に伴う弊社の対応について(5月27日更新)

2020年5月27日


株式会社タニタは、政府が発出している新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が全面解除されたことを受けて、本日5月27日より、タニタグループのすべての事業所を「感染拡大防止と社会経済活動維持との両立に配慮した取り組み」段階へと移行し、感染拡大防止の取り組みを継続しつつ、営業いたします。

感染拡大の第二波を防ぐためには、引き続き慎重な感染対策が求められます。タニタグループでは、お客様、お取引様および従業員の感染リスクを排除するとともに、安全性を確保し事業を継続することを最優先に考え、以下の対策を継続してまいります。すべての事業所において感染防止対策を実施していることから、お客様、お取引様からのお電話が混み合い、つながりにくい場合がございますが、どうかご了承ください。

お客様・お取引先の皆様にはご不便・ご心配をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

【対策事項】

1)従業員の勤務形態について
 ・テレワークによる在宅勤務、時差通勤勤務の推進強化※
 ・公共交通機関の利用を避けるため、徒歩、自転車および自動車通勤の推奨
 ・通勤・勤務時のマスク着用の徹底。手指のアルコール消毒、体温測定、うがい、こまめな手洗いの実施
 ・咳や発熱等体調に異変がある従業員の出勤禁止
  ※株式会社タニタ秋田の製造ラインにおいては、テレワークや時差勤務による業務が難しいため、感染防止対策を行った上で、安全に配慮して操業しています。

2)出張について
 ・不要不急の国内出張の禁止
 ・海外への出張および海外勤務者の渡航の禁止
 ・お客様・お取引様との物理的接触を回避するため、TV会議システムの活用を励行
 
3)集会(セミナー、研修、会議等)の開催・参加について
 ・弊社主催の社外関係者向けセミナー、社内イベントの開催の禁止
 ・社外関係者が参加する会議・打ち合わせへの参加を自粛
 ・他社主催のセミナー、研修等への参加の禁止
 
4)弊社へのご来社について
 ・来社をご遠慮いただき、電話やTV会議システムの活用によるご商談・お打ち合わせをお願いしております。

これからの社会では、新型コロナウイルス感染拡大の第二波を回避するため、テレワークや遠隔でのコミュニケーションを活用した「新しい生活様式」への対応が求められます。これは、新しいライフスタイルに挑戦するチャンスと捉えることもできます。弊社ではすでに、新しい働き方の仕組みである「日本活性化プロジェクト」や集団健康づくりパッケージ「タニタ健康プログラム」などを実施し、社会の変化に前向きに対応できる環境づくりに取り組んでいます。
新しいライフスタイルへの挑戦には、健康の維持・増進がこれまで以上に重要になります。一方で、在宅時間の長時間化による運動不足は、皆様の健康に少なからず被害を与える可能性があります。弊社では人混みを避けて散歩をしたり、ウオーキングや自宅で筋トレをしたりするなど、日常生活に軽い運動を取り入れるとともに、バランスの取れた食事と休養をしっかり取り、自らの健康の維持・増進に取り組んでいます。
これらの知見を生かし、ウィズコロナの環境下における皆様の「健康づくり」をサポートしてまいりますと同時に、皆様とともにこの難局を乗り越えていきたいと考えています。


PAGE TOP