沿革創業期から現在まで、タニタの歩みと商品の変還をご紹介いたします。

主な事柄 主な新商品
1923年
(大正12年)
谷田賀良倶(たにだ かろく)商店創業 シガレット・ケース、貴金属宝飾品製造販売、時計側製造
1944年
(昭和19年)
(株)谷田無線電機製作所設立
谷田五八士(たにだ いわじ) (株)谷田無線電機製作所 代表取締役社長就任
軍用通信機部品製造
1946年
(昭和21年)
(株)谷田製作所と改称 真鍮製シガレット・ケース製造
1953年
(昭和28年)
OEMトースター量産化 トースター製造
1959年
(昭和34年)
ハカリ製造許可証取得
ヘルスメーター製造開始
1963年
(昭和38年)
オーブントースター製造
1964年
(昭和39年)
秤事業部設置
1965年
(昭和40年)
クッキングスケール販売
1967年
(昭和42年)
(株)タニタ製作所に社名変更
1968年
(昭和43年)

大阪営業所開設
ヘルスメーター生産100万台突破

1970年
(昭和45年)
磁石発電式卓上ライター「アストロン」発売
1971年
(昭和46年)
名古屋、福岡、仙台 出張所開設
トースター生産500万台突破
1972年
(昭和47年)
(株)夕二夕商事設立(営業部門独立) 電池式ポケットライター「エクセル」発売
1973年
(昭和48年)
神谷茂(かみたに しげる) (株)タニタ製作所 代表取締役社長就任
谷田五八士 (株)タニタ製作所 代表取締役会長就任
秋田第一工場完成
1974年
(昭和49年)
「はかるもの」への進出方針を打ち出す
ベビースケール発売
1977年
(昭和52年)
電子ライター発売
1978年
(昭和53年)
日本初、デジタルヘルスメーター発売
タイマー発売
1979年
(昭和54年)
ヘルスメーター売上1000万台達成
トースター生産1000万台突破
温湿度計発売
1980年
(昭和55年)
業務用秤製造開始
1983年
(昭和58年)
神谷茂 (株)タニタ製作所 代表取締役社長退任
谷田五八士 (株)タニタ製作所 代表取締役社長を兼務
1986年
(昭和61年)
(株)タニタに改称(製造・販売を統合)
1987年
(昭和62年)
谷田大輔(たにだ だいすけ) (株)タニタ 代表取締役社長就任
谷田五八士 (株)タニタ 代表取締役会長に専任
世界初、ポケッタブルスケール「ミニスリム」発売
1988年
(昭和63年)
秋田第2工場完成
タニタアメリカ、香港、角館設立
1989年
(平成元年)
家庭用日本初、100g表示デジタルヘルスメーター発売
1990年
(平成2年)
システム機器事業部設置
タニタヨーロッパ設立
中国工場完成
体重科学研究所・ベストウェイトセンター開設
1991年
(平成3年)
秋田工場にR&Dセンター開設
1992年
(平成4年)
谷田五八士 逝去(会長職は空席に)
世界初!体内脂肪計発売
1993年
(平成5年)
(株)タニタ秋田設立
1994年
(平成6年)
第一回地域交流「ふれあい広場健康まつり」開催
中国に「東莞百利達健康器材有限公司」設立
世界初!家庭用脂肪計付ヘルスメーター発売
1995年
(平成7年)
公益信託「タニタ健康体重基金」設立
英国に「タニタUK」設立
タニタ秋田lSO9002取得
タニタ「指定製造事業者」 及びlSO9001取得
普及型家庭用脂肪計付ヘルスメーター
1996年
(平成8年)
タニタ香港事務所移転
タニタ秋田「指定製造事業者」取得
デジタルソーラーヘルスメーター
1997年
(平成9年)
第一回国際芸術研修所開設・開催(1997〜2007)
1999年
(平成11年)
神谷茂 (株)タニタ 顧問就任
脂肪計月間売上20万台突破(10月)
タニタ秋田MDD規格 (EU域内での医用機器販売)取得
2000年
(平成12年)
タニタ秋田第3期増築完成
2001年
(平成13年)
ベストウェイト健康講座開設 世界初!内臓脂肪チェック付 脂肪計(インナースキャン) 発売
2002年
(平成14年)
世界初、女性ダイエットモード体脂肪計発売 *
世界初、母子健康管理計
「mama Mitte'(ママミッテ)」発売
*
2003年
(平成15年)
体脂肪計から体組成計へ
体脂肪計、体組成計リアクタンステクノロジーの確立
+Reactance TECHNOLOGY
家庭用体組成計「インナースキャン」発売 *
ヘルスプラネット発売 *
2004年
(平成16年)
設立60周年記念 「肥満予防シンボルマーク 」募集と表彰
タニタ健康大賞がスタート(第1回贈賞受賞は、全国ラジオ体操連盟副理事長・青山 敏彦氏ラジオ体操)
肥満予防シンボルマーク
デジタル尿糖計 UG-101発売
(据置型として世界初)
*
世界初全身・部位別計測が可能な8電極体組成計インナースキャン BC-600発売 *
2005年
(平成17年)
タニタヨーロッパがEC自主検定の認証を取得
女性専用サーキットトレーニング・スタジオ「フィッツミー」1号店オープン
50g単位で計測できる体組成計
インナースキャン BC-300 発売
*
防水型クッキングスケール KW-001発売 *
2006年
(平成18年)
Pマーク(プライバシーマーク)認証取得(5月)
中国、上海に輸出入権を持つ販売会社を設立
子供の肥満判定が出来る体組成計発売
世界初・3Dセンサー搭載歩数計発売
2007年
(平成19年)
(株)タニタフィッツミー設立 (4月)
(株)タニタヘルスリンク設立 (4月)
タニタヨーロッパをアムステルダムへ移転・統合
webを使った総合健康管理
からだカルテ」サービス開始
超音波画像計測システム
「Viewbo」発売
*
2008年
(平成20年)
谷田千里(たにだ せんり)  (株)タニタ 代表取締役社長就任
谷田大輔(株)タニタ 代表取締役会長就任
ニコニコ動画 にタニタ公式チャンネル「Come Sta Channel」を開設
世界最薄体組成計(薄さ15mm) BC-305発売 BC305
日本初・透明電極体組成計 BC-528発売 *
携帯型デジタル尿糖計 UG-201発売
(携帯型として世界初)
*
2009年
(平成21年)
タニタインド設立
「タニタ健康プロジェクト」スタート
活動量計「カロリズム」AM-120発売 *
Bluetooth通信体組成計 BC-504発売 *
2010年
(平成22年)
(株)タニタ総合研究所設立
谷田大輔 (株)タニタ 代表取締役会長退任(会長職は空席に
谷田大輔 (株)タニタ総合研究所 代表取締役所長就任
大和書房よりレシピ本第1弾
「体脂肪計タニタの社員食堂」発行
大和書房よりレシピ本第2弾
「続・体脂肪計タニタの社員食堂」発行
世界初・SDメモリーカード搭載
体組成計 BC-309、569発売
*
世界初・腹部脂肪計 AB-140発売 *
睡眠計「スリープスキャン」
SL-501発売
*
2011年
(平成23年)
家庭用体脂肪計・体組成計の国内累計販売台数2000万台突破
タニタ公式twitterアカウントを開設
タニタ公式Facebookページを開設
2012年
(平成24年)
丸の内タニタ食堂オープン
タニタ健康プログラム平成24年版厚生労働白書に「メタボ解消成功事例(職場編)」としてに掲載
家庭用では業界唯一・全身を5分割して筋肉量・脂肪率を計測・表示する
体組成計 BC-622発売
*
2013年
(平成25年)
谷田大輔 (株)タニタ総合研究所 代表取締役所長退任
大和書房よりレシピ本外伝「丸の内タニタ食堂」発行
角川映画「体脂肪計タニタの社員食堂」上映
タニタ健康プログラムが「第2回健康寿命をのばそう!アワード」で厚生労働大臣最優秀賞を受賞
2014年
(平成26年)
日本初、家庭用はかりでJIS(日本工業規格)認証を取得
服部栄養専門学校と提携し、タニタシェフ育成コーススタート
長岡市で多世代の健康を支援する「ウェルネス・アクティビティー」を展開拠点施設となる新業態「TANITA CAFE」オープン
(株)タニタ食堂 設立
タニタ健康プログラム平成26年版厚生労働白書で「健康寿命延伸の取り組み」として掲載
女性に特化した新ブランド「La Muse」立ち上げ、体組成計 BC-800、活動量計 AM-132、皮下脂肪厚計 SR-803発売 *
家庭用では日本初、直射日光下の屋外でも計測可能な携帯型黒球式熱中症指数計「熱中アラーム」TT-560発売 *
2015年
(平成27年)
神谷茂 逝去(顧問職は空席に)
世界初、筋肉の質を評価する新指標「筋質点数」を導入したデュアルタイプ体組成計、インナースキャンデュアル RD-501、RD-902、RD-903発売 *

PAGE TOP