高精度・簡単操作・低価格を実現!アルコール検知器ALBLO FC-1000

全日本トラック協会・助成対象品

アルコール検知器ALBLO FC-1000は、タニタの最新技術を集約。
精度で、操作で、価格で、これまでの常識を変えるアルコール検知器です。ALBLO FC-1000は、事業所内における設置型としてだけでなく、ドライバーの運行先からスマートフォンやタブレットを使った携帯型としても活用でき、多様なニーズにフレキシブルに対応。
⇒対応スマートフォン・タブレット機種一覧はこちら

測定結果はアプリにより、ドライバーの顔写真と位置情報と共に、測定結果を送信することで管理者のPC上に表示されます。また、アプリを使わず、本体だけで測定することも可能です。

  • 本体価格
    ¥38,000(税抜)
  • 管理ソフト
    ¥20,000(税抜)

低価格でハイスペックを実現

これまで燃料電池式アルコールセンサーを用いたアルコール検知器は、価格が高く、導入後も定期的に高価格なメンテナンスが必要なため、導入コストのみならず、ランニングコストもネックになっていました。
ALBLOは、タニタ独自の技術により低価格化に成功。さらに、リーズナブルなメンテナンス費用で、燃料電池式が抱えていたデメリットを克服。高精度の燃料電池式アルコール検知器で、ひときわ高いコストパフォーマンスを実現しました。

わずか15秒のスマート測定&スマートデザイン

  1. たった15秒
    電源ONから息を吹きかけ、結果表示までわずか15秒のスマート測定。
  2. 手のひらサイズ
    片手で持って測れるスマートサイズ・スマートデザイン。
  3. 誰でもカンタン
    ドライバーのわずらわしさが少なく、万が一測定ミスをした場合の再測定や複数ドライバーの測定も容易です。

設置型にも、携帯型にも対応する3WAYモデル

事業スタイルの変化にあわせ、設置型・携帯型・単独での測定に対応。

設置型
事業所や営業所でPCとつないで設置型として使用できます。※管理ソフトは別売になります。
携帯型
スマートフォンやタブレットとつないで遠隔でも使用できます。※IT点呼には対応していません。
単独
PCやスマートフォンなどを使わず単独でも使用できます。

設置型の使用例

  1. ALBLO?FC-1000をWEBカメラ搭載PCとPC用通信ケーブルで接続する。
  2. 管理ソフトを起動。
  3. ドライバーはPC上の「乗務員ID」欄に「乗務員ID」を入力する。
  4. 「測定開始」ボタンを押し、ALBLO FC-1000の電源を入れる。
  5. 画面上の指示に従って測定(吹きかけ)スタート。(※顔写真は自動で撮影されます)
  6. 測定終了後、「データ管理」ページにて結果を確認。
  7. 管理者のPCに測定結果と顔写真が転送されるので、管理者は随時確認できる。
  • ※使用前に「乗務員ID」やその他の情報の登録が必要です。
  • ※WEBカメラが搭載されていないPCは別途WEBカメラが必要となります。
  • ※WEBカメラはタニタでは販売しておりません。市販のWEBカメラをご購入ください。
    WEBカメラ推奨機種(動作確認機種):株式会社ロジクール「HD WEBCAM C270」
  • ※WEBカメラがなくても測定は可能です。
  • ※測定結果(測定日時、乗務員ID、乗務員名、測定値)はサーマルプリンターでも出力できます。
    「サーマルプリンターを使用する」の設定にしますと、測定後に結果が自動で(USB)出力されるので運行記録として保管できます。
    FC-1000用サーマルプリンター推薦機種(動作確認機種):三栄電機株式会社「BL2-58U(USB)」
    ※「BL2-58S(RS232C)」はFC-1200用となり、FC-1000では動作しません。品番にご注意ください。
  • ※管理ソフトを使用する場合、インターネットにつながる環境が必要です。?
  • ※PCはマイク入力ジャックが搭載されている必要があります。

充実のアプリケーション

測定結果は顔写真と測定した場所の地図情報を管理者のPCにリアルタイム転送。
(測定日時、測定者の顔写真、測定場所が同時に確認できるので、なりすましでの測定を防止)

ドライバーが見るPC画面イメージ(1)(2),管理者PC画面イメージ

CSV出力が可能なので、ドライバーの測定データを外部に提出したり、社内資料として報告する際など、幅広いフォーマットへの加工が簡単に行えます。

csv出力イメージ

携帯型の使用例

  1. ドライバーはスマホ用通信ケーブルでALBLO FC-1000とスマートフォン/タブレットをつなぐ。
  2. アプリを起動して、ALBLO FC-1000の電源を入れる。
  3. アプリ画面に表示される点線の中に顔をあわせる。
  4. 測定(吹きかけ)スタート。
  5. 測定終了後写真撮影とともに結果を表示。
  6. 結果は自動的に管理者PCへメール送信される。
  7. 運行管理者が結果を確認。
  • ※IT点呼には対応していません。
  • ※iOS系(iPhone)・フィーチャーフォン(ガラケー)などには対応していません。
  • ※以下の要件をみたしたAndroid機器のみ対応しています。
    ・Android OSのバージョンが2.3.3以上であること
    ・Android機器にフロントカメラが搭載されていること
    ・Android機器に外部マイク入力ジャックが装備されていること

単独での使用例

  1. 本体の登録した番号ボタンを押すと測定がスタート。
     (※ID登録無しのスポット測定も可能)
  2. 測定(吹きかけ)スタート。
  3. 3人/各100回分のデータが本体内部メモリーに保存される。
  • ※100回を超えた場合は古いデータから順に上書きされます。
  • ※3人分のID登録/パスワード設定が可能です。
  • ※本体に保存されたデータはPCに転送できません。
    PCにデータを残したい方、PCで管理したい方は別売りの管理ソフトをご購入下さい。