「XVCD-18-b 18式コントロールデバイス『ツインスティック』」
クラウドファンディングによる商品化プロジェクト
開始から11時間26分でプロジェクト目標を達成し、商品化が決定


2018年10月19日
株式会社タニタ

健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は、株式会社セガゲームス(東京都品川区西品川1-1-1、社長COO・松原健二)のPlayStation®4※1用ゲームソフト『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』※2に対応するコントローラー「XVCD-18-b 18式コントロールデバイス『ツインスティック』」の商品化を目指すクラウドファンディング(CF)プロジェクトを、昨日10月18日12時より開始し、スタートから11時間26分でプロジェクト目標を達成しました。

本プロジェクトは今年6月から7月にかけて実施し、不成立に終わったツインスティック商品化プロジェクトに再挑戦するもので、アミューズメントゲームのジョイスティックやボタンの製造・販売を手がける三和電子株式会社(東京都板橋区中丸町49-6、社長・加藤良太)と金属加工を手掛ける株式会社トラスティ―(東京都板橋区前野町6-17-10、社長・徳山広高)の全面協力のもと、「一生もののツインスティック」の商品化を目す試みです。CFプラットフォームは株式会社CAMPFIRE(東京都渋谷区渋谷2-22-3、社長・家入一真)が提供する「キャンプファイヤー」(https://camp-fire.jp/projects/view/95196)を使用。18日19時からタニタ公式YouTubeチャンネルで生配信した番組内で、セガゲームス・松原社長が『電脳戦機バーチャロン』シリーズの『電脳戦機バーチャロン』『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66』『電脳戦機バーチャロン フォース』の3作品をPlayStation®4用ダウンロードソフトとして発売し、本商品に対応することを発表。これをきっかけに支援者が急増し、同日23時26分に目標を達成し、商品化が決定しました。オール・オア・ナッシング方式※3のCFにおいて、目標金額4000万円以上の大型プロジェクトが即日達成するのは、キャンプファイヤーで初めてとなります。リターンとなる本商品の発送は、バーチャロンシリーズ第1作の『電脳戦機バーチャロン』が誕生した日にちなみ、2019年11月27日を予定しています。

※1“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。本商品は、PlayStation®オフィシャルライセンスプログラムに申請中です。
※2「とある魔術の電脳戦機」は、電撃文庫を代表する小説「とある魔術の禁書目録(インデックス)」シリーズとのコラボレーションにより生まれた、バーチャロンシリーズとしては15年ぶりの最新作です。「とある魔術の禁書目録」シリーズの原作者・鎌池和馬氏が同作のために全編を描き下ろしたストーリーに加え、バーチャロンシリーズ特有のハイスピードなゲーム性は、新アクション「トランジション」の追加やポイント制の採用により、さらに進化しています。
※3 支援金が目標金額に達成した時点でプロジェクトが成立するCF方式です。


■クラウドファンディングのプロジェクトページはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/95196

お客様からのお問い合わせ先
株式会社 タニタ お客様サービス相談室
ナビダイヤル:0570(099)655
受付時間:平日9:00−18:00
メール:お問い合せフォーム



報道資料に記載されている情報は発表日現在のものです。このため、時間の経過あるいは後発的なさまざまな事象によって、内容が予告なしに変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

PAGE TOP