弊社グループ会社における新型コロナウイルス感染者の発生について

2021年1月25日


タニタのグループ会社である株式会社タニタ総合研究所(東京都板橋区前野町1-14-2・弊社本社内)に勤務する従業員1人(最終出勤日1月19日)が、新型コロナウイルスに感染していることを本日1月25日(月)に確認しました。

当該従業員は、1月22日(金)に発熱の症状があり、同日から出社を控えておりましたが、PCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性反応が認められたため、現在は自宅療養を行っております。弊社では、近隣の住民の皆様、従業員の安全を第一に考え、タニタ総合研究所内の消毒作業を実施するとともに、濃厚接触の可能性のあるタニタ総合研究所の従業員については本日1月25日よりテレワークによる勤務とし、不要不急の外出自粛を要請しております。併せて速やかにPCR検査を実施し、判定結果が陰性の場合でも当該従業員との最終接触日から14日後となる2月2日まではテレワークにて業務します。

感染者の発生を招いたことに関し、近隣の住民の皆様方にご迷惑、ご心配をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

弊社では引き続き、お客様、取引先様、近隣の住民の皆様ならびに従業員の安全確保を最優先に考え、グループの全事業所において、テレワークや時差通勤の推進、検温等をはじめとした体調管理チェック、通勤・勤務時のマスク着用、手指の消毒の徹底、事業所内の定期的な換気、距離の確保など、新型コロナウイルスの感染症拡大防止に取り組んでまいります。

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


PAGE TOP